語学留学で習った英語と夫のアメリカ英語

語学留学で習った英語と夫のアメリカ英語

語学が堪能な友人に教わった英語勉強法

以前、まだ学生だった頃のこと。友人のイラン人留学生がいわゆる“単語帳”に何やらびっしり書き込みをしているわけです。
一緒に食事をしている最中だったので気になって「何を書いているの?」と聞くと、笑いながらをの単語帳を見せてくれました。
そこには「たいりょうもりいっちょう」とある。店員さんが言った「大漁盛り一丁」という言葉をメモしていたわけです。
その友人曰く、「気になった言葉や知らない言葉に出会ったらこうやってメモをする」のだとか。なるほどそうやって生きた日本語を勉強しているんだと感心しました。
何もこれは日本語に対してやっていることではなく、例えば英語やスペイン語でもやっているとにこやかに話してくれました。
ちなみに彼、語学が得意で母国語以外に日本語と英語とスペイン語を話せるんです。

その話を聞いてからというもの、さっそく私もその勉強法を始めてみました。
幸い学部的に留学生が多かったので、英語に触れる機会はたくさんありました。
単語帳を持ってからというもの、それまではなんとなく聞き流していたけれど、「そんな表現をするんだ」と興味を引く英語表現はけっこうあるもの。言い回しやスラングの類まで、いつの間にか単語帳はびっしり埋まっていました。
そしてメモった言葉やフレーズはお風呂の中で暗唱。型どおりの英語を学ぶよりも楽しいということもあって、英語上達の一助になってくれたと懐かしく思い出します。
簡単にできることですので、ぜひ試してみてください。

Copyright (C)2017語学留学で習った英語と夫のアメリカ英語.All rights reserved.