語学留学で習った英語と夫のアメリカ英語

語学留学で習った英語と夫のアメリカ英語

語学の習得法、英語はこうやって上達する

姉が一年間のイギリス留学から帰ってきました。
その姉、最近は生意気にも当てつけのように字幕なしの海外映画DVDをさりげなく観ていたりします。
やはり英語などの語学は現地に行くのが上達のもっとも効率的な方法なのでしょうか。
その辺りを姉に聞いてみると、「そうでもないよ」とのこと。なんで?

姉の話を要約すると次のようなこと。「まず、確かに現地に行けばそこの母国語をマスターする土壌はある。
しかし、現地にいるだけではだめで、実際にその土地の人とコミュニケーションを日常的にとることが大事」何を当たり前のことを言っているんだと思いましたが、なんでもわざわざ留学しておいて日本人コミュニティーの中でだけ生活をする日本人というのはけっこういるらしい。とくにイギリスやアメリカなど、日本人の留学先としてポピュラーな場所にはたいてい多くの日本人がおり、無理して英語を話さなくても1年やそこら生活はできるらしい。私もそうですけど、英語を話せるようになりたいと思っても、なかなか外国人と顔を突き合わせて話せないという人は多いのではないでしょうか。
姉の話を聞きながら、想像の中で、留学している自分の末路を見つけてしまいました。
姉の話は裏を返せばわざわざ留学しなくても英語を話せるようになるということでしょうか。
国内にいても外国人と話をする場はあるわけです。
ようはそういった場に時分から積極的に足を伸ばし、コミュニケーションをとることが大事なのでしょう。

Copyright (C)2017語学留学で習った英語と夫のアメリカ英語.All rights reserved.