語学留学で習った英語と夫のアメリカ英語

語学留学で習った英語と夫のアメリカ英語

英語などの語学を学ぶ

日本に住み、日々日本語しか使っていなくても外国の語学を学習することの大切さを身に染みて実感している人は大勢いるのではないでしょうか。
特に英語を習得する重要性は、中学・高校での学習時間の多さが物語っています。
ただ残念なことに、あれ程たくさんの時間を英語学習に費やしたにも関わらず、いざアメリカやイギリスの映画を日本語字幕なしで理解出来なかったり、ネイティブスピーカーとコミュニケーションが上手くとれないのはどうしてでしょうか。
それは、日本での英語教育が依然として文法中心の学習だからだと思います。
ひと昔前よりは、大分リスニングやスピーキングの学習を取り入れている学校が増えました。
昔は、単語をたくさん暗記し、複雑な英文を訳すことが重要視されていましたが、現在では、TOEICやTOEFLEのような実践的な英語力を試される検定を、積極的に受検させる学校や企業がとても増えてきました。

これらのことから、日本人の実践的な英語力も徐々に上がってくることが期待されます。
あとは、日本人特有のシャイな性格が英語力アップを阻害していることも考えられます。
英語に限らず、外国の語学を習得するにはその国の人になったつもりで(アメリカならオープンでフレンドリーに)学習するのも良いでしょう。その国の映画や本などで文化に親しみ、イメージを膨らませると楽しいかもしれません。海外旅行に行けるようなら、自分が学習してきた成果を試す、またとないチャンスです。
旅行代の元をとる意気込みで出かけたいものです。

Copyright (C)2017語学留学で習った英語と夫のアメリカ英語.All rights reserved.