語学留学で習った英語と夫のアメリカ英語

語学留学で習った英語と夫のアメリカ英語

英語が苦手な日本人へ!語学は慣れが必要。

最近、特に不可欠になってきているのが、英語。日本人は、英語と聞いただけでダメ!と思っている人も多いと思います。
私もそっちのタイプで、なかなか苦戦を強いられています。

でも、むずかしいからこそやりがいも生まれるものだと思うし、少しずつ頑張っていこうと思っています。


その頑張る方法なんですが、とにかく英語に慣れるように頑張る!という方法もあるとは思いますが、違う方向も考えられるのではないかと思います。
今日はそれを考えてみたいと思います。
私が感じるのは、英語を話すシチュエーションが大切だということです。
ある程度英語を勉強して、話せる人でも、大勢の中で発言することは難しいと思います。
まず、話している内容を理解して、自分が何を言うか決めて、それを英語で発言する。これは、相当な慣れが必要だと思います。
なぜなら会話は止まってくれないからです。
自分が何を言おうか考えている間に、他の人が発言をしてしまえば、また内容を理解することから始めなければなりません。そんな状況では、いつまでたっても発言することなんてできません。

では、そうすればいいのでしょうか。
少し考え方を変えてみましょう。一対一で話すことを考えてみましょう。一対一であれば、相手はこちらの返答を待ってくれます。
他の人が私の話を遮ることもありません。また、相手が少し話すのが早ければ、もう少しゆっくり話してくれない?ということもできます。
どうでしょう?だいぶ気が楽になったのではないかと思います。
語学の学習は慣れが必要なだけに、時間がかかるもの。息長く、ゆっくりやっていきたいものです。
そのためにも、自分がどうすれば自信をつけられるかを考えながらやることが大切なのではないかと思います。

オススメワード

Copyright (C)2017語学留学で習った英語と夫のアメリカ英語.All rights reserved.